製品・サービス

サポート情報

2014/01/23

Linux kernel 新208.5日問題の Gléas への影響について

Linux kernel 新208.5日問題によるプライベートCA Gléas をご利用いただいているお客様への影響についてご説明します。

概要

以下に記載する条件をすべて満たすハードウェアにおいて OS を再起動させるとハングアップ(サーバが操作を受け付けなくなる状態)となる問題が発生しております。

ハングアップが発生する条件

  • Intel Xeon E5 シリーズのプロセッサー
  • kernel のバージョンが 2.5.32-220/379/358 series
  • 最後に電源停止を行ってから 208.5日以上が経過

対策

  • 暫定対応:再起動を行わず、シャットダウンおよび起動を行う。
  • 恒久対応:対策済 kernel にバージョンアップを行う。

影響を受けるお客様

上記に該当するお客様には弊社営業から連絡の上、対応を協議させていただきます。